お父さんのつぶやき

家事・育児・雑学・趣味など自分が学んだ事、学びたい事を書いていきます。素敵なお父さん目指して勉強中!

お父さんのつぶやき

~嫁と娘と猫と私~

夫婦円満になれる魔法の言葉4選

f:id:kei0803:20181019004206p:plain

 

どうもケイです!

 

嫁さんと出会い11年、結婚して6年を迎えました。

もちろん山あり谷ありありましたが、夫婦仲良く過ごせているかと思います。

夫婦円満に過ごすためにはお互い思いやり・助け合う、そんな思いが必要だと思います。そういった思いを意識して過ごし、少しずつ習慣化すること!そして、大切なのは言葉するなどの行動に表すことがより重要です。

思っているだけでは相手に伝わっていないことが結構多いです。なので、積極的に行動にうつすことで相手へ気持ちを伝えることがお互いを理解することにつながり、仲を深めていくのだと思います。

 

魔法の言葉①

『ありがとう』

 

この言葉が1番大事だと思います。いや、大事!

一緒に過ごす時間が長くなるにつれて一緒に過ごす時間が日常になっていきます。お互いを思いやり相手にやってあげることも感謝の気持ちがあるとしても言葉に出して『ありがとう』ということが減ってしまうこと多くないですか?当たり前と思ってしまったら、もっと言わなくなってしまいます。やることが当たり前になるとなんでやってないの?って思ったり。

ささいなことでも、ふとしたことでも『ありがとう』の一言で思いは伝えられます。言うことが恥ずかしいとか慣れていないとかあると思いますが、絶対言ったほうがいいです!旦那さん、奥さんへの感謝の気持ちをどんどん伝えていきましょう。ただ、1つ注意することとして言えばいいということではありません。気持ちが伴っていないありがとうはむしろ逆効果になることもあります。そこだけは気をつけましょう。

 

魔法の言葉②

『ごめんなさい』

 

一緒に過ごす中で相手に悪いことをしてしまうことは必ずあります。そんな時に素直にごめんなさいと言うことが大切です。言い訳して遠回しに話をしたりするより悪いことはごめんなさいです。お互いに悪ければそれぞれ謝ることも必要ですし、謝る必要がある状況にもよりますがとにかく自分が悪ければしっかり謝りましょう。そこから悪かったことについては話をしてお互いがしっかり理解していくようにしましょう。

 

魔法の言葉③

『好き』

 

皆さん初心を忘れていませんか?どうしてその相手を選んだのか。そう、好きだからじゃないでしょうか!付き合い始めた頃はイチャイチャしてても何年も経つと付き合い方が変わってくることがほとんどだと思います。ですが、相手を好きだという気持ちを持ち続けることは夫婦円満にはかかせません。好きという気持ちが薄れないようにするためには相手に興味を持ち続ける必要があります。好きという気持ちの表現の仕方は「愛してる」「かわいい」「似合ってる」などいろんなかたちで伝えることができます。相手にもよりますが適度な「好き」という表現は喜ばれるかと思います。

 

魔法の言葉④

『大丈夫?』

 

これは気遣いをするということです。困っているとか体調が悪そうという時に相手を気遣う言葉を伝えることが重要です。いつもと様子が違ったり手伝ってほしいと相手が思っている時に声をかけてあげられると相手も「自分のことをみてくれている」って感じられ、嬉しいんじゃないでしょうか。楽しい時に楽しさを2倍に、困ったときにお互い半分ずつ背負う。気遣うことでそういったより良い関係が築くことができると思います。

 

まとめ

言葉に表すことでしっかりと相手へ気持ちが伝わります。相手は自分のことを分かってくれていると過信せず、気持ちを伝えて話すことでコミュニケーションをとりながら仲良し夫婦で過ごせればと思います。

 

出会えて感謝、一緒にいてくれて感謝

 

考え方を変えれば夫婦生活も大きく変わってきます。まずは自分から相手への考え方を変えていきませんか?